[PR]

 俳優の沢尻エリカ容疑者(33)の麻薬取締法違反容疑での逮捕を受け、沢尻容疑者を来年1月開始の大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」に起用しているNHKの木田幸紀放送総局長は20日、定例会見で「収録が進んでいる中での逮捕で、大変遺憾」と述べた。降板や代役起用など今後の対応については「警察の捜査の状況をみながら、取り急ぎ検討を進めている。決まったら速やかにお知らせする」とした。

 NHKによると、沢尻容疑者は斎藤道三の娘で織田信長に嫁いだ帰蝶(濃姫)役で第1話から出演予定だった。撮影は6月から始まっており、「かなりの分量進んでいた」(担当者)という。来年1月5日としている放送開始時期について質問が飛ぶと、木田放送総局長は「(開始まで)時間がないのは我々もよくわかっている」と答えた。