[PR]

プロが観る 国会論戦

 国の予算を使って、首相が主催する「桜を見る会」をめぐる一連の問題について、安倍晋三首相が20日、参院本会議で答弁した。元検事の郷原信郎弁護士がこの日の審議をインターネット中継で傍聴。これまでの安倍首相の説明に、ブログで疑問を投げかけ続けてきた法律のプロは、首相答弁をどう見たか――。

 郷原氏が最も注目した首相答弁は、桜を見る会の前夜に例年行っている夕食会の主催者がだれか、という点だった。

 【立憲民主・那谷屋正義氏】 主催者は誰か。首相ご自身か後援会か。まさかホテル主催か。

 【首相】 夕食会の主催者は安倍晋三後援会であり、夕食会の段取りについては、私の事務所がホテル側と相談を行った。

 首相は、官邸で記者団に説明した15日には「政治資金規正法で定められた後援会活動と、実際の後援会活動は分けて考える必要があると思うが、広い意味で言えば、当然、後援会活動」と話したが、夕食会の主催者は明らかにしていなかった。

 郷原氏は「後援会主催」という…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら