【動画】子どもたちへ、故郷感じて 福島・双葉でバーチャル遠足=古庄暢、福留庸友撮影
[PR]

 東京電力福島第一原発事故により全域で避難指示が続く福島県双葉町で、子どもは町内の大部分で立ち入りが禁止されている。そこで大人たちはドローンや通信技術を使って「バーチャルふるさと遠足」を企画した。記憶にほとんどない故郷の姿を少しでも感じて欲しいとの願いは、子どもたちに届くのか。

 20日、双葉町の二つの小学校が入る避難先のいわき市の仮設校舎の体育館。「今からみんなをテレポーテーション(瞬間移動)で双葉町に案内するよ!」と女性教諭が声を掛けると、児童の前の200インチの大型モニターには北に約80キロ離れた双葉町の中継映像が流れた。

 町中心部だったJR双葉駅周辺…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら