[PR]

 タイ北部で2007年11月、旅行中だった大阪市の川下智子さん(当時27歳)が何者かに殺害された。約12年が過ぎた今も、容疑者の特定はできていない。そんななか、タイの法務省がバンコクで記者会見を開き、捜査線上に浮上した人物のDNA型鑑定の結果などを説明した。

 事件が起きたのはタイ北部スコータイ。世界遺産に指定されている寺院遺跡「ワットサパーンヒン」近くの遺跡公園で、07年11月25日、川下さんが首を刺されて死亡しているのが見つかった。劇団員だった川下さんは、休暇を取って1人でタイを訪れ、王朝遺跡などで有名なスコータイを旅行していた。

 現場周辺は観光地だが、目撃証言はなかった。川下さんの衣服に付着していた血痕のなかに、川下さん以外のものが含まれていたほかは、10年以上続いた捜査で手がかりは乏しかった。タイ警察は、捜査線に浮上した300人以上とDNA型の照合をしたが、いずれも関連はないと結論づけてきた。

 そうした中、最近になって動き…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら