[PR]

 特殊詐欺対策を悪用して昨年11月、一人暮らしの男性(78)から1110万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた京都府警山科署の元巡査長、高橋龍嗣被告(38)=懲戒免職=に対し、京都地裁は21日、懲役5年(求刑懲役6年)の実刑判決を言い渡した。

 伊藤寿裁判長は、特殊詐欺を懸念する金融機関からの通報を悪用し、被害が疑われた男性に対し、捜査のために現金を預かる必要があるとうそを言って現金を詐取したと認定。「警察官の高度な信頼を悪用し、極めて悪質だ」と述べた。

 判決は、FX(外国為替証拠金取引)で出した多額の損失を詐取した金で穴埋めしていたとし、「被害金額は多額に上り、利欲目的で自分本位に犯行に及んだ」とも指摘した。(向井光真)