[PR]

 在香港英国総領事館の男性職員が8月に中国で拘束された問題で、男性は中国当局から「香港の政情不安をあおった」と追及され拷問を受けたと訴えている。英メディアが20日伝えた。ラーブ英外相は在英中国大使を呼び出し抗議した。

 この男性はサイモン・チェンさん(29)。香港に隣接する広東省深圳に出張したまま音信不通になり、2週間ほど中国当局に拘束された。中国メディアは当時、「買春に関与した」と報じたが、チェンさん側は否定していた。

 英BBCによると、チェンさんは拘束中に「足かせをされ、目隠しされ、覆いをかぶせられた」「暴行も受けた」と主張。英国が香港のデモにどのような支援をしているのか聞かれ、1千枚以上のデモ参加者の写真を見せられ、知っていれば名前や支持政党を教えるよう迫られたという。

 ラーブ外相は20日の声明で、チェン氏が受けたのは拷問だとし、中国側に調査と責任者の追及を求めた。(ロンドン=下司佳代子)