[PR]

アサヒグループホールディングス 小路明善社長に聞く

 豪州ビール最大手のカールトン&ユナイテッドブルワリーズ(CUB)を約1兆2千億円で買収するアサヒグループホールディングス。次々と大型買収を仕掛けるねらいはなにか。小路明善社長に聞いた。

 事業の規模を大きくするには、(本業とは異なる事業へ)多角化を図るか、それとも既存の事業のエリアを拡大するか2通りあります。我々は後者のやり方で、M&A(企業合併・買収)でビール事業の海外展開を進めてきました。

 私は投資に一定の目安を持っています。トップに近いブランドをもっているか。そのブランドが高い収益を上げているか。高い醸造能力があるか。高い経営能力がある人材が確保できるか。

 そして我々のフィロソフィー(経営理念)に経営陣が共感できるかどうか。フィロソフィーに共鳴できれば、グループに入っても企業文化に違和感をもたずに事業がスタートしていきます。

 私が社長になってビール世界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ベルギー)から西欧と東欧のビール事業を計約1兆2千億円で買収しましたが、この目安に当てはまる企業です。

 買収後の統合プロセスではあま…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら