[PR]

 米マイクロソフト(MS)の業務用ソフト「オフィス365」などで、日本で20日午前10時ごろから起きていた障害について、同社は同日午後2時ごろに公式ツイッターで復旧したと明らかにした。原因や日本以外での障害の発生地域については発表していない。

 MSのサイトによれば、文書管理システムの「SharePoint」、チャットツールの「Teams」、音声通話の「Skype」、社内SNSの「Yammer」など、メールを除くほぼすべてのオンラインサービスに接続できない状態になっていた。

 オフィス365では19日午後にも、日本、インド、オーストラリアで外部からのメール受信が遅れるなどの障害があった。これについては、システムのアップデートが影響したためとしていた。

 オフィス365はネットを経由…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら