[PR]

 ドイツの故リヒャルト・フォン・ワイツゼッカー元大統領の息子で、内科医のフリッツ・フォン・ワイツゼッカーさん(59)が19日夜、勤務先のベルリン市内の病院内で講演をしている最中に男にナイフで刺され、死亡した。国内外で名をはせた元大統領の家族であるうえ、病院内での凶行とあって、ドイツメディアはトップで伝えるなど、衝撃が広がっている。

 ベルリンの検察当局の20日の発表によると、犯行に及んだのは、ドイツ西部ラインラント・プファルツ州に住む57歳の男。ワイツゼッカーさんによる公開の講演があることを知り、電車でベルリンに赴いた。講演の終わりごろ、用意していたナイフで襲いかかったという。私用で現場に居合わせた警察官の男性(33)も、助けに入ろうとして重傷を負った。

 男はワイツゼッカーさんと面識はないという。「ワイツゼッカー一家にいろいろ反感があった」と話しているというが、当局は男の勝手な妄想とみている。男は精神科医の診断を受け、精神病棟へ移された。

 ワイツゼッカー元大統領は、ドイツの敗戦から40年の1985年5月、連邦議会で「過去に目を閉ざす者は現在にも盲目となる」と演説したことで有名。西ドイツ時代の84年から、統一後の94年まで大統領を務め、2015年に亡くなった。

 メルケル首相の報道官は20日、「現時点では何が起こったのかよくわからない。残されたご家族には大きな衝撃であり、首相をはじめ連邦政府全体でお悔やみの気持ちを伝えたい」と述べた。(ベルリン=野島淳)