[PR]

 肢体不自由でも働きたい――。障害者が自宅で仕事ができる「在宅勤務」を知ってもらおうと、岡山市北区祇園の岡山支援学校で遠隔職場実習があった。インターネットを通じてコミュニケーションをとる際の留意点など、休憩を挟みながら約1時間。「具体的なイメージがわいた」と生徒にも好評だった。

 11月21日にあった実習に参加したのは高等部3年の内田歩夢(あゆむ)さん(18)。普段は車いすやベッドの上で授業を受けているという。

 ウェブ関連の業務を手がけ、社員の半数以上が在宅勤務する「沖ワークウェル」(東京)が企画した。講師役の女性社員は車いす生活を送りながら、北海道の自宅で勤務しており、この日は自宅と同校の教室をパソコンでつなぎ、実習が行われた。

 資料をモニターで示しながら、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら