[PR]

 昨年の西日本豪雨で51人(災害関連死を除く)が犠牲になった倉敷市真備町地区。お年寄りらが逃げ遅れて、自宅で亡くなるケースが相次いだ。「避難機能」がついた共同住宅があれば命を救えたのでは――。被災者の発想から、新たなアパート作りが進んでいる。

真備のアパート改修へ

 計画の中心となっているのは津田由起子さん(55)。自宅で暮らす高齢者を訪問・通所サービスなどで支える小規模多機能ホーム「ぶどうの家真備」の代表を務める。約30人の利用者がいたホームは浸水し全壊。ホームを再建し、今年3月に再開させた。

 豪雨直後から、津田さんは職員…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら