[PR]

(21日、大相撲九州場所12日目)

 土俵下で勝負を見守った元大関武双山の藤島審判長がうなった。「この相撲が取れるんだからね。きょうは本来の出足だったんじゃあないですか」。期待を裏切り続けた御嶽海がようやく存在感を示した。

 これまでの不振がウソのような快勝は、鋭い踏み込みから始まった。朝乃山の右差しを許さず、右から左と両差しに。そのまま一気に走った。一度は残られたものの、腰の伸びた相手を休ませずに寄り切った。

 朝乃山にすれば、立ち合いから左上手を狙ったのが失敗だったかも知れない。得意の右を差し込む低く馬力のある踏み込みが続いていたが、この日はつかまえたい意識が左に集中。少しだけ腰が浮いた。そのわずかな隙を狙われた。

 支度部屋の御嶽海は口数は少ないが、言葉に確信を込めた。「悪くなかったと思う。(相手のことは)何も警戒していない。自分の相撲を取れば、怖くない」。大関昇進も期待された場所で、12日目を黒星先行で迎えるとは思ってもみなかっただろう。大関レースの当面のライバルに意地を見せた形だ。

 だが、これで賜杯(しはい)争…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら