[PR]

 スズキは21日、ブレーキが利きづらくなる恐れがあるとして、パレットなど軽自動車3車種計51万7316台(2008年1月~13年2月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。ほかは日産ブランドでスズキが製造しているルークスと、マツダブランドのフレアワゴン。

 国交省によると、前輪のブレーキのホースに亀裂ができ、ブレーキ液が漏れる恐れがある。16年4月に同様の不具合をリコールしていたが、取り換えたホースも不適切だったという。