[PR]

 すり鉢状の競走路(バンク)を自転車で滑走し、順位を競う競輪。その着順を予想して購入する「車券」の売り上げが近年、持ち直している。競輪場への入場者数は減り続けているのに、いったい何が起きたのか。

 地方自治体が運営する競輪事業の売り上げは、1991年度の1兆9553億円をピークに減少の一途をたどってきた。だが、2013年度の6063億円を底にして17年度まで毎年増え、18年度も増収の見込みだ。一方で、入場者数は低迷している。17年度は1日あたり1499人で、08年度の6割にまで落ち込んだ。

 長らく減っていた車券の売り上げが持ち直したのは、11年から始まった「ミッドナイト競輪」が大きな要因だ。午後9~11時ごろに開催されるレースで、競輪場に観客を入れないのが特徴。車券は主にインターネット上で販売し、レースの模様も専用チャンネルや動画配信サイトで中継する。ネットにさえつながれば、自宅などにいても観戦と投票が楽しめる。「無観客」のため、近隣への騒音対策にもなり、運営コストも削減できるという。

 各地の競輪場でミッドナイト開…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら