AV撮影した旅館、渋谷区が保養所に 地裁「問題ない」

有料会員記事

新屋絵理
[PR]

 過去にアダルトビデオ(AV)の撮影に使われた旅館を東京都渋谷区保養所として購入したのは違法な公金支出に当たるかが争われた住民訴訟の判決で、東京地裁(森英明裁判長)は21日、「保養施設として問題なく利用されている」などとして、原告の請求を棄却した。

 堀切稔仁区議が「区民が安らぐ保養所にならない」などとして、購入代金や改修費など計約9億3500万円を桑原敏武・前区長らに賠償させるよう区に求めていた。

 判決によると、区は2014…

この記事は有料会員記事です。残り254文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら