[PR]

 帰宅すると、リビングに張り詰めた空気が流れていた。

 小学生の弟が万引きしたかも、と母が言う。目の前にいる弟の手には、ポカリスエットのペットボトルが握られていた。

 「それ、どうしたん?」

 「なんで持ってるの?」

 母が繰り返し尋ねるが、弟は口ごもっている。

 「あのね。えっと、えっとね……」

 色白で目がくりくりした弟は、4歳違い。ブロックのおもちゃで2人でよく遊んでいた。その弟がダウン症で知的障害があると母から教えられたのは小学1年のときだ。お姉ちゃんが代わってあげたい。幼心にそう思ったのを覚えている。

 弟は何をするにも家族の誰かと一緒だった。登下校は必ず集団で、ひとりで買い物に出かけたこともなければ、お金を持ったこともない。

 ところが、その日は母が仕事か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら