[PR]

 聴覚、視覚、においや手触りなど、人それぞれの感覚を使って楽しめる「七感で楽しむシアター」が12月1日、東京都台東区の東京芸術大学奏楽堂で開かれる。音や光、香りをどう感じるか、楽しみ方は観客の自由。障害にとらわれない新たな演出が凝らされている。

 午後2時スタートだが、1時間前に開場する。開演前から、ロビーでは強い風が吹いたり、雷が鳴ったり、様々な感覚を呼び起こされる演出が始まる。葉や木、海などの七つの香りも体験でき、第1部で演奏されるサン・サーンス作の「動物の謝肉祭」の世界を香りとともに味わえる。

 第2部では、2016年リオデジャネイロ・パラリンピックの閉会式でダンスを披露した義足のダンサー大前光市さんが出演。世界的に活躍する現代作曲家の藤倉大さんが、大前さんのために作った新曲で踊る。

 主催の東京芸術大学COI拠点…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら