「流されてる」切れた電話 津波逃れた親子、台風で犠牲

有料会員記事

小手川太朗、江川慎太郎 寺沢知海、佐藤瑞季
[PR]

 台風19号に続き、日本に接近した台風21号に伴う大雨被害から25日で1カ月になる。千葉や福島では川があふれ、尊い命が失われた。遺族や親しい人たちはいまだ悲しみの中にいる。

 福島県相馬市では、8年前に東日本大震災の津波から逃れた親子が犠牲になった。花澤三保子さん(61)は10月25日、台風21号による大雨の中、あのときと同じ高台を目指した。足が不自由な長男の正智(まさとし)さん(38)を連れて。

 福岡県出身。東京で出会った夫と約40年前から相馬市で暮らし、2人の子に恵まれた。15年ほど前に夫を病気で亡くした後も、市内のホテルで働きながら子どもを育てていたという。

 2011年3月、東日本大震…

この記事は有料会員記事です。残り1504文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら