[PR]

 日中両政府は国家安全保障局(NSS)の北村滋局長が12月上旬に訪中し、中国共産党の楊潔篪(ヤンチエチー)政治局員と会談する方向で調整に入った。日中外交筋が明らかにした。9月に就任した北村氏の訪中は初めてとなり、年末に予定される安倍晋三首相の訪中や来年春の習近平(シーチンピン)国家主席の国賓訪日に向けて、両国間の懸案や関心事項を議論する。

 外交筋によると、12月5日を軸に調整中という。楊氏とのハイレベル対話は谷内正太郎前局長時代に始まり、これまで6回開催。最近は「静かな環境」を求めて地方都市での開催が続いたが、北村氏と楊氏の初顔合わせとなる今回は北京での会談が有力だ。

 警察庁出身の北村氏は直近まで…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら