[PR]

 全国の消費生活センターに寄せられる美容医療に関する相談は毎年2千件前後あり、そのうち約2割が男性からであることがわかった。包茎手術や薄毛治療、ひげの医療脱毛などの相談が多く、契約金額が女性より高額になる傾向があるという。

 国民生活センターが21日、発表した。2014年4月~今年10月末に男性から寄せられた相談は計2千件以上あり、約4割が20代だった。契約金額は、女性は10万円以上50万円未満が最も多かったのに対し、男性は100万円以上300万円未満が約3割で最多だった。

 不安をあおられて当日の施術を勧められたり、高額な契約になったりした例が目立つ。

 20代男性は、7万円で包茎手…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら