[PR]

 英老舗ニットブランド「JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)」が100年ほど前に手がけたとされるズボン下、いわゆる「ももひき」が長らく同社に保管されている。このズボン下、実は大正天皇のためにつくられたモデルだと、同社では長く伝えられてきたものだという。そんなモデルがこのほど「来日」を果たした。

 ジョンスメドレーは1784年創業で、英王室御用達のニットブランド。毛糸を細かく編み込んだ「ハイゲージニット」の印象が強いが、昔は下着もつくっていた。

 10月中旬、ラグビーワールド…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら