[PR]

 ハンセン病元患者の家族に補償金を支給する法律が22日に施行され、厚生労働省は同日から補償金請求の受け付けを始めた。請求期限は5年。請求書の用紙は厚労省のホームページからダウンロードできるほか、郵送で取り寄せることができる。

 問い合わせは、厚労省難病対策課の専用ダイヤル(03・3595・2262)や、メール(hoshoukin@mhlw.go.jp)で。専用ダイヤルの受付時間は平日午前10時~午後4時。

 補償金は、元患者の親子、配偶者に1人あたり180万円、きょうだいや元患者と同居していたおい、めい、孫、ひ孫らに130万円が支給される。内縁の配偶者のほか、戦前に台湾、朝鮮半島に住んでいた人も対象となる。