[PR]

 冬が訪れようとしている台風19号の被災地で21日、温かいコーヒーの炊き出しがあった。提供したのは、軽トラックの移動販売車で全国を旅している河野孝志さん(28)。旅先で出会ったボランティアの姿を見て「自分にもできることをしたい」と考えた。

 「あったかいねえ、いいにおい」

 長野市津野の津野公会堂に、ひきたての香ばしい香りが広がった。避難生活を続ける原山博子さん(70)はコーヒーをすすり、「心があたたまる。うれしい、うれしい」と何度も繰り返した。河野さんが笑顔を返す。「僕のほうが元気をもらえますね」

 河野さんは、宮崎県出身。旅が…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら