[PR]

 1泊100万円で城主気分はいかが――。愛媛県大洲(おおず)市の大洲城で来春から、天守に一般の人が宿泊できる「キャッスルステイ」事業が始まる。海外の富裕層を観光に呼び込むねらいだが、異論や課題もある。(照井琢見)

 大洲市は「伊予の小京都」として知られる。中心部に残る町家や古民家をホテルなどに改修し、旧城下町を地域の観光拠点として売り出す構想を進めている。キャッスルステイはその「目玉」だ。

 今月8、9日にあった実証実験では、大洲藩主・加藤貞泰に扮した城の職員が白馬に乗って入城。大洲藩鉄砲隊による祝砲で歓迎された。本番では、宿泊客が城主役を体験できる。

 天守前の舞台では、地元の保存…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら