[PR]

 1976年に週刊漫画「週刊少女コミック」で連載が始まった「風と木の詩」は、少女漫画の世界に革命をもたらしました。何しろ最初のシーンが、少年同士のベッドシーン。全編を通じて、男子校を舞台にした、少年間の耽美(たんび)で繊細な恋愛が繰り広げられたからです。女性を中心に支持が広がり、2年後には、男性同性愛をテーマにした女性向け雑誌「COMIC JUN(のちに「June」)」が創刊。男性同性愛を描く漫画が一つのジャンルとして確立していきました。

 結果的にボーイズラブの元祖となった「風と木の詩」は、90年代に海賊版を通じてタイにも広がり、Y(やおい、ボーイズラブのこと)ブームを生んだのです。作者の竹宮恵子さんは、こうした形で自身の作品が結果的にタイに種をまき、いま花開いたことをどうみているのでしょうか。朝日新聞の取材に答えてくれました。

     ◇

 ――タイでご自身の「風と木の詩」などの作品が読まれていることはいつ、どのように知ったのですか。どのように感じましたか。

 「タイでの海賊版出版については、確認はしていませんが、15年ごろのタイからの留学生も『風と木の詩』をよく知っていたので、他の国と同様に海賊版で読まれているのだと知っていました。私が『風と木の詩』の翻訳出版を正規で許可したのは18年になってから、スペインとイタリアにおいてのみだからです。たとえ海賊版でも、タイの女性たちがこの物語を読んだ上で受け入れてくれることこそ、送り出した私にとっては最大の目的を果たしたと言えるでしょう。なおかつそれが多くの少女たちの支持を得ていることは、おそらくタイの少女たちの役に立っているのだと感じています」

 ――以前の朝日新聞のインタビューでは「女性の描き手にとって、女性の性衝動を描くことは超えがたいハードルだったが、男性の姿を借りれば描ける」と答えていました。こうした心理は国を超えて共通するのでしょうか。

 「共通する、と思います。『風と木の詩』を描き始めた時、女性にとって超えがたいハードルが明らかに存在していましたが、この描き方ならそれを超えて表現できる、と思いました。そういう意味で私にとって、単に『描きたい』だけではない使命感のようなものが加わっています。同じように感じるタイの読者がいること、それを必要と感じてくれていることに、大きな喜びを感じます。人気があるということは読者にとって、この表現の仕方が必要だということです。女性の感性を開くために、女性の自由のために、役に立てればうれしいですね」

 ――男性間の恋愛を描いた日本…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら

こんなニュースも