大阪・住吉の小6女児、栃木で保護 35歳男に事情聴く

[PR]

 大阪府警は23日、大阪市住吉区に住む小学6年の女児(12)が栃木県小山市で見つかり、栃木県警が保護したと明らかにした。17日から行方不明で、府警が捜索していた。栃木県警は女児と一緒にいたとみられる小山市内の男(35)から事情を聴いている。

 捜査1課などによると、女児は23日午後1時半ごろ、栃木県小山市犬塚の県警犬塚交番に駆け込んだ。女児は警察官に自分の名前を名乗り、「30歳ぐらいの男の家から逃げてきた。他にも女性がいた」という趣旨の説明をした。県警がその後午後4時20分ごろ、家の前で男の姿を確認。県警は事件の可能性があるとして、男に任意同行を求め、事情を聴いている。男と一緒にいた高校生ぐらいの女性も保護した。

 大阪府警によると、女児が最後に確認されたのは母親(38)が自宅で朝食を食べさせた17日午前7時ごろ。母親はその後、仮眠し、同午前11時ごろに目覚めると、自宅に姿がなかった。夜になっても帰宅しなかったため、同午後10時ごろ、母親が住吉署に届け出ていた。女児が所持している携帯電話は電源が切られた状態で、電話やメッセージのやりとりもできなかったという。

 府警は19日夜、女児の顔写真を公開した。これまでの自宅周辺での聞き込みや防犯カメラ映像の分析でも、有力な手がかりをつかめていなかった。母親は19日夜、取材に「帰って来てほしい。無事であったらそれだけでいい」と話していた。