[PR]

 イスラエルの検察当局は21日、汚職疑惑が浮上していたネタニヤフ首相について、収賄罪などで起訴すると発表した。同国で現職の首相が起訴されるのは建国以来初めて。ネタニヤフ氏は起訴されても首相を続ける意向を示しているが、政治の混乱に拍車がかかるのは必至だ。

 検事総長の会見によると、ネタニヤフ氏は大手通信企業に便宜を図る見返りに、ニュースサイトで自らに好意的な報道を求めたとして、収賄や背任などの罪に問われている。そのほか実業家から高額な贈り物を受けた事件などを含め、計3件が起訴対象となる。

 ネタニヤフ氏は検察の起訴発表の直後に会見を開き、「誤った主張により、政権を転覆させようとする試みだ。私はこの国を率い続ける」と捜査当局を強く批判した。

 同国の法律では、起訴されても…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら