[PR]

 サッカーのイングランド・プレミアリーグのトットナムの新監督に決まったジョゼ・モウリーニョ氏(56)が21日、就任会見を開いた。冗談で報道陣を笑わすなど、和やかな笑顔を浮かべながら、「素晴らしい選手がそろっていて気に入っている。(監督業こそ)自分の居場所だと思うし、これが私の人生。とてもハッピーだ」と話した。

 トットナムは、昨季、リーグ4位、欧州チャンピオンズリーグ(CL)では決勝進出を果たしたが、今季は12試合を消化して14位と低迷している。勝ち点14は、首位リバプールと20も離れ、最下位20位のノリッジとは7差だ。

 クラブは19日、6季目を迎えたアルゼンチン出身のマウリシオ・ポチェッティーノ監督を解任し、ポルトガル出身のモウリーニョ氏に白羽の矢を立て、2022~23年シーズンまでの契約を結んだ。

 昨年12月までプレミアのマンチェスター・ユナイテッド(U)を率いた指揮官は、優勝請負人として知られる。

 2002年にポルト(ポルトガ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら