[PR]

 3年前、83歳で亡くなった永六輔さんの『大往生』。刊行から四半世紀を経てなお刷りを重ねるベストセラーは、高齢化がさらに進む社会に問いかけ続ける。あなたはどう死にますか。それまで、どう生きますか――。

いちどは断られたが

 「ありがとう。でも本を書くというのが苦手で……。ラジオ屋の永六輔」

拡大する写真・図版永六輔さん

 1992年5月、岩波新書の編集長だった坂巻克巳さん(72)のもとに、はがきが届いた。文面はこれだけ。執筆依頼への返答だった。

 「社員食堂での会話がきっかけです。前夜のテレビ番組で永さんが『明るい死に方講座』という題で話した内容が面白くて。笑わせて泣かせる話だった。同僚もたまたま見ていて、ぜひ本にすべきと言ってくれた」

 いちどは断られた坂巻さんだが、なんとか面会をとりつけたとき、永さんはすっかり乗り気になっていた。現在まで101刷、累計245万部という岩波新書最大のヒット作りはこうして始まった。

 「当初は死に方に絞ったのです…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら