[PR]

 芳醇(ほうじゅん)な香りと濃厚な甘さ。新潟のブランド西洋ナシ「ル レクチエ」のシーズンがやってきた。国内で栽培が始まったのは100年以上前だが、品質が安定してきたのはここ10年。かつて「幻の果実」とも呼ばれた繊細な果実が広まった陰には、研究者の奮闘があった。

 今季の販売が解禁された11月21日早朝、初競りがあった新潟市江南区の市中央卸売市場には黄色く実ったルレクチエが並び、ブランデーのような香りが漂っていた。熟れた果肉は桃のように柔らかく、甘い。

 ルレクチエは10月下旬ごろにまとめて収穫する。この時点ではまだ青々としているが、各農家で温度管理の下、熟成を進めることで実は柔らかくなり、酸味が抜けて食べ頃を迎える。

 特徴的なのは、追熟期間の長さ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら