[PR]

 首相が主催する「桜を見る会」をめぐり、立憲民主党などの野党統一会派と共産党などでつくる追及チームは22日、国会内で会合を開いた。共産党から資料要求があった5月9日に招待名簿をシュレッダーで廃棄した政府の対応などについて、その意図や背景などを重点的に追及した。

 政府は、共産党の宮本徹衆院議員から資料要求があった当日に廃棄した理由について「大型のシュレッダーを使おうとしたところ各局の使用が重なって調整した結果、連休明けになった」(内閣府・大塚幸寛官房長)と説明。資料要求とは無関係と主張する。

 立憲民主党の白真勲参院議員は、約40秒で最大約1千枚を細断できるシュレッダーの性能を取り上げたうえで、「予約をとらないといけないほどの文書を内閣府では廃棄しているのか」と指摘。内閣府の担当者は「遅滞なく廃棄しなければならないという意識から、連休前に予約を入れたが、実際予約がとれたのが5月9日だった」と回答した。

 野党側は、国会での追及を避けるために意図的に廃棄した可能性があるとみて、政府に対し、シュレッダーの「予約表」や「利用履歴」の提出を要求した。 また、この日の会合では、招待者の選定についても質問が相次いだ。野党側は、肩書や役職が推薦名簿に書いていない場合、「どうやって功労と功績を判断するのか」などと指摘。政府側は「名簿が残っていないので分からない」「(判断の)詳細は答えを控えたい」と繰り返した。野党は「審査もせずにフリーで数百人規模も対象外の人を入れていたなら、予算の目的外使用で財政法違反だ」と指摘した。

 野党は引き続き追及を強める構え。25日には追及チームを追及本部に格上げし、メンバーを70人規模に増やす。「れいわ新選組」も党として加わる予定だ。立憲の安住淳国会対策委員長は22日、記者団に桜を見る会の追及を「国民的な運動にしたい」と話した。(小林豪、今野忍)