両極端の浦和、アジア王者とJ1残留めざす「異常事態」

有料会員記事

松本麻美
[PR]

 史上初となるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)3度目の優勝をかけ、24日に埼玉スタジアムで決勝第2戦を迎える浦和。一方、残り2試合のJ1では残留争いを余儀なくされている。両極端な状況を、アジアサッカー連盟(AFC)公式サイトが記事で「異常事態」として紹介し、注目している。ただ、選手の意識はACLサイトとは少し違うようだ。

 AFCの公式サイトに掲載された記事は「浦和運命の3試合」と題し、「異常事態」という言葉を使って「日本のビッグクラブの一つである浦和の歴史において、非常に重要なものになるだろう」と書いている。

 決勝第2戦の24日は2年前…

この記事は有料会員記事です。残り286文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら