元衆院議員の白川勝彦さん(しらかわ・かつひこ)が18日、腎不全で死去した。74歳だった。近親者で密葬を営んだ。喪主は妻久仁子(くにこ)さん。

 79年衆院選の旧新潟4区で初当選。橋本内閣で自治相を務めた。01年に自民党を離党し、「新党・自由と希望」を設立した。