流行語大賞はONE TEAM タピる、闇営業も上位に

有料会員記事

宮田裕介
[PR]

 今年の世相を反映した言葉を選ぶ「2019ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が2日、発表された。年間大賞には、ラグビー・ワールドカップで活躍した、日本代表のスローガン「ONE(ワン) TEAM(チーム)」が選ばれた。

 トップ10には、タピオカドリンクのブームを表す「タピる」、職場でパンプスを強いられることに疑問の声を上げた「#KuToo」、反社会的勢力の宴会に芸人が参加してお金を受け取った「闇営業」などが選ばれた。

 また、選考委員特別賞として、大リーグ・マリナーズで3月に現役引退したイチローさんの言葉「後悔などあろうはずがありません」が選ばれた。

     ◇…

この記事は有料会員記事です。残り1937文字有料会員になると続きをお読みいただけます。