[PR]

 昨夏にアパート投資向けの融資資料を改ざんする不正が発覚した不動産会社のTATERU(タテル)は22日、問題発覚後初めて会見した。古木大咲社長は「一連の問題により多大なご迷惑、心配をかけたことを深くおわびする」と謝罪。営業担当者に過大なノルマを課した組織風土に問題があったとし、自身の不正への関与は「私は知らなかった。指示したことはない」と否定した。

 再発防止策として、営業担当者の歩合制を廃止し、不正があった営業部とは別に、金融機関への融資を取り次ぐ専門部署を新設する。

 国土交通省などによると、タテ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら