[PR]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終第6戦のNHK杯が22日、札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開幕した。

 男子シングルのショートプログラム(SP)は、羽生結弦(ANA)が全てのジャンプを着氷し、109・34点で首位。2位に17点以上の大差をつけた。

 島田高志郎(木下グループ)は4回転トーループのほか、ステップでも転倒したのが響き、75・98点で6位。山本草太(中京大)も4回転トーループが決まらず、74・88点と伸び悩んで7位だった。

 フリーは23日に行われる。