[PR]

 サッカーJ1ジュビロ磐田は23日、アウェーでコンサドーレ札幌に2―1で競り勝ち、J2への降格の崖っぷちで踏みとどまった。

 浜松市内に設けられたパブリックビューイング会場には、約100人のサポーターが駆けつけ、残留の望みをつなぐべく、声援を送り続けた。

 磐田は前半26分、右サイドの松本昌也が中央に速いクロスボールを送り、逆サイドから走り込んだアダイウトンが合わせて先制した。その後、札幌の鈴木武蔵に数回決定機を与えたがしのいだ。しかし、後半43分、札幌の深井一希にコーナーキックを頭で合わせられて失点。他会場で同じく残留を争う湘南ベルマーレが1点リードしている状況もあり、その時点で磐田の降格が濃厚となった。

 試合は直後にアディショナルタ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら