[PR]

 耳の不自由な人にもマジックを楽しんでほしいと、会話を字幕で表示しながら行うマジックショーが24日、北海道函館市で開かれる。鮮やかな手さばきと軽妙な話術でステージを盛り上げるのは、道南を中心に活動する若手マジシャンの高野太吾さん(31)。「トークが同時に伝わるので、テンポの良いマジックをお見せできる」と期待している。

 難聴の友人から「手話を使ったマジックができないかな」と言われたのがきっかけ。今年の夏、ろう学校などで手話通訳をつけて公演したが、通訳に時間がかかるためトークを中断せざるを得ず、テンポよく演じるのが難しかった。

 そこで、音声をリアルタイムで字幕に変換するアプリ「UDトーク」を導入し、大型モニターで映し出すことに。手品だけでなく、トークや観客との対話も重視しているだけに、「私の本来のショーを堪能してもらえそうです」。

 小学3年の時にはまり、マジッ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら