[PR]

 東京が拠点の写真家3人が北海道鶴居村で1年間暮らし、撮影してきた成果の写真展が鶴居村で始まった。村民には見慣れたはずの風景や人が、「移住者」の目線からは違って見える。写真家と村民らが作品を前に村の魅力について語り合った。

 勝見里奈さん(23)、秦雅則さん(35)、中根静男さん(62)が2018年3月から1年間、酪農が主産業の村で村民と交流しながら生活した。

 闇に浮かぶ顔、暗い部屋での男性の背中、燃えるような赤い花、どっしりとした黒い石、干し草に首を突っ込む馬……。並べられた写真パネル約30点に、訪れた人たちは感心したり、首をひねったり。

 勝見さんは酪農場や保育園でア…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら