[PR]

 第43回朝日アマチュア将棋名人戦(朝日新聞社主催)の県大会が23日、福島市の朝日新聞福島総局であった。名人戦、一般戦、ジュニア戦の3部門に計45人が参加。名人戦部門では、南相馬市の小野内一八さんが優勝し、来年1月に仙台市で行われる南東北代表決定戦に出場する。

 小野内さんは岩手高校に将棋留学し、全国高校総合文化祭の将棋部門で優勝するなど高校時代から名をとどろかせていた。第38回アマ名人戦県大会も優勝したが、南東北大会で宮城代表に敗れ、惜しくも全国大会出場を逃していた。「久しぶりの県大会参加でした。危ない局面もありましたが、乗り切れました。南東北戦に勝ち、全国ベスト8を目指したい」と語った。

 3段以下の一般戦は、いわき市の上村明仙(あきのり)さんが、ジュニア戦は福島市の小学3年生高橋叶さんがそれぞれ優勝した。

 2位、3位は次の通り。=…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら