[PR]

 同居する実母を殺そうとしたとして、大阪府警は23日、門真市北巣本町の無職池裕美子容疑者(62)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕し、発表した。「ひもで首を絞めた」と容疑を認めているという。実母は搬送先の病院で死亡が確認された。府警は殺人容疑に切り替えて捜査している。

 門真署によると、池容疑者は23日午前11時15分ごろ、二世帯住宅で同居する母の無職泉田貴美代さん(82)を自宅の寝室で殺そうとした疑いがある。直後に池容疑者が自ら「母を殺した」と110番通報。泉田さんはふとんの上に倒れており、同じ部屋にいた池容疑者を、警察官が現行犯逮捕したという。

 現場は3階建ての店舗兼住宅。2階に泉田さんが住み、3階に池容疑者と夫(63)が暮らしていた。事件発生当時、夫は1階のクリーニング店にいたという。