熊本)1トンの大俵、ゴロゴロ引っ張って…玉名でレース

田中久稔
[PR]

 巨大な俵を転がしてタイムを競う「玉名大俵(おおたわら)まつり」が23日、熊本県玉名市であった。江戸時代に米の集積地として栄え、米俵を転がして市内の菊池川から積み出した歴史にちなむ風物詩で、市などでつくる実行委員会が主催。晩秋の好日、参加者は汗だくで走った。

 大俵は円柱状の芯に稲わらを巻き付けたもので、直径2・5メートル、長さ4メートル、重さ1トンと迫力がある。

 決勝は、最後に坂道が待ち構える計250メートルのコース。31チームが出走し、熊本市東区から初めて参加した友人グループが優勝した。代表を務めた公務員の山部広和さん(33)は「足がパンパンで、シューズの底もはがれました。また来年も参加したい」。一回り小ぶりな俵を使ったレースもあり、小・中・高校生や女性の36チームが競った。(田中久稔)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント