[PR]

(23日、フィギュアNHK杯)

 「集中できて、ほぼベストに近い演技ができた」。ショートプログラム(SP)2位から逆転優勝を狙った紀平梨花(関大ク)は目立ったミスなく滑りきると、右拳を握って振り上げた。

 注目は冒頭のジャンプ。国際ス…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら