ローマ教皇、日本に到着 「被爆者のために祈る」

有料記事ローマ教皇

河原田慎一
【動画】羽田空港に到着したローマ教皇=恵原弘太郎撮影
[PR]

 約13億人の信者がいるローマ・カトリック教会のトップ、フランシスコ教皇が23日、東京に到着した。26日まで日本に滞在し、被爆地の広島と長崎を訪れ、核廃絶を訴えるメッセージを発表する。ローマ教皇の訪問は故ヨハネ・パウロ2世が1981年に来日して以来、38年ぶり2回目。

 教皇は23日午後5時半ごろ、前の訪問地のタイから教皇特別機で羽田空港に到着した。麻生太郎副総理らが出迎えた。その後、東京都内のローマ教皇庁大使館に移動し、司教たちを前に「若い時から日本に共感と愛着を抱いてきました。すぐに長崎と広島を訪問し、二つの町の被爆者のために祈ります」などと述べた。

 教皇は核兵器の使用と所有を…

この記事は有料記事です。残り663文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント