[PR]

 大阪府警は23日、17日から行方不明になっていた大阪市住吉区に住む小学6年の女児(12)を栃木県小山(おやま)市内で栃木県警が保護したと明らかにした。府警は23日夜、女児を誘拐したとして、小山市犬塚1丁目の職業不詳、伊藤仁士容疑者(35)を未成年者誘拐の疑いで緊急逮捕し、発表した。「女児を自宅に連れて帰ったが、誘拐しようと思ったわけではない」と否認しているという。伊藤容疑者宅には別の少女(15)もおり、栃木県警が保護した。

 捜査1課によると、伊藤容疑者は17日午前10時半ごろ、女児が未成年であると知りながら連れ去り、小山市の自宅で23日午前10時ごろまで宿泊させるなどして誘拐した疑いがある。

 伊藤容疑者は今月10日ごろからSNSで女児とメッセージのやりとりを始め、女児に「半年くらい前にうちに来た女の子がいる。話し相手になってほしい。うちに来ない?」と誘ったという。伊藤容疑者は14日か15日に女児の自宅近くの公園で会う約束をし、17日に大阪へ出向き、公園で待ち合わせして一緒に電車で栃木の自宅に連れて帰ったという。

 府警の説明では、女児は23日午前10時ごろ、伊藤容疑者が寝ている隙に栃木県小山市の家を出て、同午後1時半ごろに県警犬塚交番に助けを求めて駆け込んだ。女児は警察官に自分の名前を告げ、「30歳ぐらいの男の家から逃げてきた。家の中にもう1人、女の子がいた」と説明したという。栃木県警から連絡を受けた府警が交番に来た女児の写真を母親(38)に見てもらい、女児で間違いないと確認したという。

 女児に目立った外傷はなく、健康状態に問題はないという。女児は交番に駆け込んだ際に靴を履いておらず靴下姿で、黒色の上着と紺色の長ズボンを身につけていた。女児は自分のスマホを取り上げられ、靴も見当たらない状態で、自分がどこにいるのか把握していなかったと説明。「怖くなった」と話したという。

 県警が伊藤容疑者の自宅を割り出し、23日午後4時20分ごろ、伊藤容疑者と少女が自宅から出てくるところを確認し、少女も保護した。

 府警によると、女児が最後に確…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら