[PR]

 伊方町の三崎港から東へ約3キロ、瀬戸内海に面した二名津(ふたなづ)地区。ひときわ大きな木造の古民家が1軒、古い町並みの中に残る。引き戸を開けると、壁にかかる「わが家亭」と書かれた額が目に入った。

 もとは庄屋や造り酒屋だった旧村井邸で、築100年以上。2階建て、延べ350平方メートル。10部屋のうち1部屋は、地域の人たちから譲られたレコードや古いテレビが並ぶレトロな「昭和部屋」になっている。

 人口の減った地区を盛り上げようと、まちづくり活動をするNPO法人「二名津わが家亭」が管理している。寄席や映画の上映会などが開かれ、地域のにぎわいが戻る場所だという。

 「寂れていく町をみんなで盛り…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら