[PR]

 大阪市住吉区の小学6年の女児(12)が行方不明になり、栃木県小山市内で保護された事件で、大阪府警が未成年者誘拐容疑で逮捕した小山市犬塚1丁目の自称派遣社員、伊藤仁士容疑者(35)が11月10日ごろにSNSで女児に接触し、誘い出していたことが、捜査関係者への取材でわかった。

 府警捜査1課によると、伊藤容疑者は17日午前10時半ごろ、大阪市住吉区から女児が未成年であると知りながら連れ去り、小山市の自宅で23日午前10時ごろまで宿泊させるなどして誘拐した疑いがある。

 伊藤容疑者は今月10日ごろからSNSで女児とメッセージをやりとりし、14日~15日ごろ、女児に「半年くらい前にうちに来た女の子がいる。話し相手になってほしい。うちに来ない?」と誘い出したという。17日、伊藤容疑者が女児の自宅近くの公園に行き、一緒に電車で栃木の自宅に連れて帰ったという。

 府警によると、女児は23日午前10時ごろ、伊藤容疑者が寝ている隙に栃木県小山市犬塚1丁目の同容疑者宅を出て、午後1時半ごろに県警犬塚交番に助けを求めて駆け込んだ。女児は警察官に自分の名前を告げ、「30歳ぐらいの男の家から逃げてきた。家の中にもう1人、女の子がいた」と説明。「(伊藤容疑者の)家には中学生ぐらいの女の子がいた。家では携帯電話を取り上げられた。その後は3人で過ごしていたが、2人が寝ている隙に家を出た。怖くなった」と話したという。

 女児に目立った外傷はなく、健…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら