[PR]

 男子ゴルフのダンロップフェニックス(宮崎・フェニックスCC 7027ヤード=パー71)は24日、荒天のため最終ラウンド(R)が中止となり、第3Rを終えて首位だった今平周吾が通算10アンダーで、10月のブリヂストンオープンに続く今季2勝目を挙げ、2年連続の賞金王に近づいた。ツアー通算4勝目。松山英樹は通算5アンダーの8位だった。石川遼は通算1オーバーの34位。大会は3日間の54ホールに短縮され、賞金ランキングへの加算額は75%になった。

   …

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも