[PR]

 栃木県小山市内の交番に駆け込んで保護された大阪市住吉区の小学6年の女児(12)が24日午前、大阪府内で母親(38)と再会した。大阪府警への取材でわかった。府警によると、母親は女児を抱きしめて号泣していたという。女児は23日夜に栃木県内を車で出て大阪府内に入り、疲れた様子だが体調に問題はないという。

 女児の母親は24日、大阪府警を通じてコメントを発表。「お陰様をもちまして、娘は無事、帰ってくることができました。本当に感謝しています。ありがとうございました」とお礼を述べた。

 この女児を誘拐したとして、大阪府警に未成年者誘拐の容疑で23日夜に緊急逮捕された職業不詳、伊藤仁士容疑者(35)=栃木県小山市=は24日朝、大阪府警の捜査員に連れられて、栃木県警小山署を出発。大阪に移送された後、本格的な取り調べが始まる見通し。