[PR]

 東芝は25日、1滴の血液からがんを検出できる検査技術を開発したと発表した。13種類のがんのいずれかにかかっているかどうかを、2時間以内に99%の精度で判定できるという。2020年から実証試験を始め、数年以内に人間ドックのオプションに盛り込むなどの実用化をめざす。2万円以下で検査できるようにし、がんの早期発見につなげたい考えだ。

 血液中を流れる数ナノメートル(ナノは10億分の1)の「マイクロRNA」という物質の量から、がんにかかっているかを見分ける。約2500種類あるマイクロRNAの一部は、がん細胞と正常な細胞でつくる量が異なることが分かっており、がん検診の目印になると期待されている。

 エックス線画像や内視鏡など目視で識別する従来のがん検診では、「ステージ0」といった初期のがんは腫瘍(しゅよう)が小さいために発見が難しい。東芝が開発した技術では、肺がんや胃がん、大腸がんなど13種類のがんについて、高精度の検出が可能になったという。

 従来のようにがんの種類ごとに検診方法を変える必要がなく、受診者の負担も少なくて済む。ただ、13種類のがんのいずれかにかかっているかは分かるが、どのがんを患っているかの特定はできないという。

 実用化に向けては、より多くの…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら